円形だが、丸く収まる気配は無い。

 俳優・東出昌大に、いっこうに同情の声がかからない。23日に週刊誌「週刊文春」が、東出の妻・杏との別居、女優・唐田えりかとの不倫関係を報じてからから約1週間。これまで周囲が東出に持っていた「好青年」「イクメン」といったイメージを覆す報道が、毎日のように飛び出している。加えて今度は東出の“円形脱毛症”も報じられるありさま。だが、別居などのストレスで脱毛が進んだとしても、原因を作ったのは東出自身だ。完全に自業自得なのは間違いない。

 28日発売の女性週刊誌「女性自身」の記事では、唐田との不倫が杏にバレて以降も東出が関係を続けていたことや、今後、「杏や唐田の事務所が東出との共演をNGにするだろう」という見込みを伝えていた。さらには関係者の話として、「不倫報道の1週間ほど前に東出の後頭部に円形脱毛症を見つけた」と新事実に言及。重ねて「そのときは『主演のプレッシャーなのかな』と思ったが・・・」とも語っている。

 円形脱毛症は遺伝や免疫疾患でも起こり得る病気だが、プレッシャーの多い芸能界では精神的ストレスから症状が出る芸能人も少なくない。番組のクイズ企画で連続正解を続けるプレッシャーから発症した歌手・GACKTやマリッジブルーが原因となった女優・藤原紀香など、周囲の期待や生活の変化が引き金になりやすい。だが東出はこれまで映画・ドラマで数々の主演をこなしていただけに、発症の原因はドラマの主演よりも別居のストレス・不倫報道への恐怖と見るほうが自然だろう。

 そんな自業自得の脱毛劇が報じられた東出に対し、「被害者ヅラするな」「苦しんでるのは嫁さんでしょう。ふざけんな」などネットからは厳しい声が殺到。さらには「『頭おかしいんじゃないのか?』今度は鏡に向かって叫べば」と、東出が不倫を疑う杏に対し言い放ったとされる言葉を流用するユーザーや、「育毛のCMが来るな」といった“脱毛→育毛”として新たな仕事が来るのでは?と揶揄する意見も見られた。

 ネットユーザーの中からは「時期早まっただけじゃない?」と、東出が“元々薄毛になりやすそうな髪質だった”という指摘もあがった。この騒動で失った杏・世間からの信頼と毛髪を、東出は取り戻すことができるのか。今後の動向にも要注目だ。

東出昌大「激弱メンタル」別居・不倫発覚で円形脱毛症発症も世間からはバッシングやまずのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!