23日、アイドルグループ・欅坂46の公式サイトにおいて、平手友梨奈の脱退、織田奈那&鈴本美愉の卒業、佐藤詩織の活動休止を発表。いずれも1期生であり、平手に関してはデビュー曲から8作連続でセンターを務めてきた絶対的エースともいえる存在なだけに、ファンの間に大きなショックが広まることとなった。

「今月5日放送の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)において、占いタレントの濱口善幸による今年の運勢ランキングを発表した際、メンバー4人分が足らなかったため、『誰か卒業?』と不安の声が広まっていましたが、この発表を受けてファンは大きな衝撃を受けたようです。また、そのタロット占いでは、『思い通りにならない』や『答えのないものを追いかける』などといったネガティブな予想も。

濱口は昨年1月、妹グループ・日向坂46のその後のシングルCDデビューを予感させる、『3月にグループ全体の願いが叶う』という予言などを的中させ、“当たる”と評判のため、『この1年、何が起こるの?』と、欅坂46ファンは気が気でないようです」(芸能関係者)

 しかし濱口は、「危ない状況にさらされたとしても、それを回避する」と、結果的に良い方向へ向かうドラマチックな1年になることを示唆。ネット上では、新生・欅坂46、特に新センターが誰になるのか、早くも注目が集まり始めている。

「グループの顔ともいえるセンターを誰が務めるかによって、今後の方向性が決まってくることでしょう。ファンの間では、2018年末の『第69回NHK紅白歌合戦』などで平手の代わりを務めた1期生の小林由依や、昨年末の同番組で平手とともに重要なシャウトの部分を担った2期生の田村保乃を推す声が飛び交っているようです。また、ファンへの初お披露目会の際、『山崎天の“天(てん)”は頂点の“てん”。欅坂46をアイドル界の頂点に導きます!』と高らかに宣言し注目を集めた、2期生の山崎天の躍進を期待する声も高まっているようです」(同)

 姉グループ・乃木坂46の絶対的エースともいえる白石麻衣が、3月25日リリース予定のシングルのPR活動をもって卒業することを発表しているため、今年は坂道グループ全体にとって大きな転換期となることが予想される。この衝撃によってグループの結束が強まり、ステップアップとなるか注目集まる。

欅坂46平手友梨奈の脱退で「タロット占い」早くも的中? 「センター穴埋めは誰?」論争勃発のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!