赤星憲広「投資の大切さを現役選手にも伝えたい」野球愛あふれる投資講座第2弾「じぶん銀行臼井社長×赤星憲広 特別対談教えて!臼井社長」の画像1

 16日、都内で開催されたイベントに、阪神一筋で活躍した元プロ野球選手の赤星憲広が出演。じぶん銀行の臼井朋貴社長から、投資をしたことがない人におすすめの資産形成方法のレクチャーを受けた。

 熱狂的な阪神ファンでもある臼井社長の説明は、話の端々で野球に例えたポイント解説も入っており、投資未経験の赤星も納得しながらイベントは進行。終盤には赤星の大胆な阪神順位予想や、臼井社長の“細かすぎて本人にも伝わらない”印象的な赤星のプレー紹介など、野球愛あふれる一幕もあった。

赤星憲広「投資の大切さを現役選手にも伝えたい」野球愛あふれる投資講座第2弾「じぶん銀行臼井社長×赤星憲広 特別対談教えて!臼井社長」の画像2

「じぶん銀行臼井社長×赤星憲広 特別対談“教えて!臼井社長”」は、KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で設立されたインターネット銀行であるじぶん銀行の社長を務める臼井社長が、元プロ野球選手を相手に資産形成の方法を伝授するというもの。

 昨年12月に千葉ロッテマリーンズOB・里崎智也を招いて開催したイベントの第2弾となり、今回は2000年代に“レッドスター”の愛称で5年連続の盗塁王にも輝いた赤星が生徒役に選ばれた。「現役時代には“投資”について考える余裕もなかった」という赤星は、このレクチャーを「ありがたい話」だと心情を明かし、ここで学んだことを「OBとして現役の選手に還元できるといいなと思う」と意気込んだ。

赤星憲広「投資の大切さを現役選手にも伝えたい」野球愛あふれる投資講座第2弾「じぶん銀行臼井社長×赤星憲広 特別対談教えて!臼井社長」の画像3

 そんな赤星に対し臼井社長が伝えたポイントは、“お金に仕事をしてもらう”こと。銀行預金などで貯蓄するよりも、投資で“お金がお金を増やす”ように運用することが大切だと伝授した。さらに投資を始める前の心構えとして、「プロ野球のペナントレースと一緒」で“長期”的に見ることの大切さに言及。

 野球の連勝・連敗と同様に資産価値の上下で一喜一憂せず、ペナントレース優勝のように最終的に資産が増えることが大切だと述べた。重ねて“分散”させることの重要性を「大胆かつ慎重に。勇気を持って投資先を選ぶ」と説き、現役時代に盗塁でファンを沸かせた赤星になぞらえて「盗塁と同じ」と表現した。

赤星憲広「投資の大切さを現役選手にも伝えたい」野球愛あふれる投資講座第2弾「じぶん銀行臼井社長×赤星憲広 特別対談“教えて!臼井社長”」のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!