いきものがかり「大炎上」ファン離れが急加速? 「さすがにヒドイ」「嫌な気分」非難の声続出……の画像1

 人気音楽グループ「いきものがかり」が出演する“CMソング”に不満が続出中だ。

 問題のCMは、ボーカルの吉岡聖恵が1人で上げて歌うシーンから始まり、各場所で農家や学生たちの奮闘する姿が映されていくというもの。ちなみに、このCMのために書き下ろした『アイデンティティ』は同グループを代表する応援ソングで知られている。

 そんな人気楽曲にもかかわらず、いざCMが放映されるとネット上では「うるさすぎる」「CMが流れるたびに嫌な気分になる」「イライラする」と非難が相次いだのである。

 真面目な音楽グループという印象が強い「いきものがかり」。だが、このCMソングでアンチも一定数存在することが明るみになってしまった。

「昨今はオリコンランキングで上位にランクインすることも減り、全盛期よりも勢いに陰りが見え始めています。さらに、デビュー10周年を迎えた2017年には『放牧宣言』と題して、グループとしての活動休止を発表。それから一気にファン離れが進んだ印象です」(芸能ライター)

 アンチ増加が止まらない「いきものがかり」だが、このCMソングの余波はミュージックビデオにも波及し絶賛炎上中だ。

いきものがかり「大炎上」ファン離れが急加速? 「さすがにヒドイ」「嫌な気分」非難の声続出……のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!