島田紳助は木下優樹菜に一切触れず……不倫を知っていた?

編集部
島田紳助は木下優樹菜に一切触れず……不倫を知っていた?の画像1

misonoチャンネルより

 1月13日、11年8月に芸能界を引退した島田紳助が、歌手・misonoのYouTubeチャンネル『misono ch』に登場。衰え知らずのトークが話題になり、普段は多くても5万回ほどの同チャンネルの再生数が、3日で500万回に迫るほどの驚異的な伸びを見せた。

「13日に公開されたのは(前編)の21分ほどで、まだ(後編)が残されている。そちらの公開時には大変な話題になるでしょう。嫌われ者のmisonoには、紳助を利用した売名行為ではという批判も多く、そんな世間の反応が怖くなってきたと明かしていますが、これをきっかけにチャンネル登録者数を増やしておきたいところでしょう」(芸能記者)

 内容的にはヘキサゴンファミリーの山田親太朗を交えた三人での『クイズ!ヘキサゴンⅡ』の思い出話が中心だったが、改めてよくよく聞いてみると、その言葉の行間から様々な情報が読み取れる、非常に興味深いものであった。

 まず第一のポイントは、『ヘキサゴンⅡ』の出演者たちを振り返る中で飛び出した、紳助のこの言葉である。

「スザンヌも離婚したしな。フジモンも離婚したしな。不幸率8割ぐらいやろ」

 離婚ホヤホヤの“フジモン”ことFUJIWARAの藤本敏史について話していたのだが、その中で、木下優樹菜の名前、ユッキーナの“ユ”の字も出てこなかったのだ。

「動画の終盤でも、『フジモン、頑張れ〜』とエールを送り、『あいつと電話するのは、泣いているしかないねん。結婚のとき、離婚のとき、俺が辞めるとき。(中略)もっとテレビで泣いたらええねん。泣きの藤本。ちっちゃなことでも泣く』と、泣き芸を新たな個性にすべしとのアドバイスまでしていましたが、その中でも、木下の名前は一切出てきませんでした。

島田紳助は木下優樹菜に一切触れず……不倫を知っていた?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!