有料配信が無料で見られるとなれば、ライトなファンまで浸透するだろう。

 女性アイドルグループ「乃木坂46」が出演するドラマ「乃木坂シネマズ~STORY of 46~」が、21日よりフジテレビで放送されることがわかった。全10話でメンバー10人がひとりずつ主演を担当するオムニバス形式で、10人の中には先日グループ卒業を発表した白石麻衣も登場する。ファンの間では、地上波での放送を喜ぶ声や一昨年の西野七瀬卒業時のドキュメンタリー映画のように何らかのかたちで白石がフォーカスされるのでは?などの予想も飛び交っていた。

 乃木坂シネマズは、FOD(フジテレビオンデマンド)で放送中の1本30分弱のドラマ。毎週水曜0時に最新話が公開される形式で、現在は齋藤飛鳥・秋元真夏・松村沙友理・山下美月がそれぞれ主演を務める1~4話までアップされている。5話以降も北野日奈子・堀未央奈・与田祐希・生田絵梨花・久保史緒里・白石と出番が控えており、推しの出番を待つファンの間で大きな話題となっている。

 中でも一番の注目は、やはり6日にグループ卒業を発表したばかりの白石だ。絶対的エースの卒業直前の活動となれば話題性は抜群。西野の卒業直前に密着した昨年公開のドキュメンタリー映画「いつのまにか、ここにいる」のように、舞台裏の姿を収めた作品の制作に取り掛かっている可能性も十分に考えられる。

 地上波での放送決定に、「めっちゃ楽しみ!」「受験終わったら一気見しよっと」「乃木坂ちゃんの超絶演技力が世の中に知れ渡ってしまう~」などの声が殺到。「FODで既に見てるけど嬉しい!!」と、視聴済みながら再度見ると宣言するファンも現れた。一方で、「地上波“全国”放送って言って欲しいなぁ」といった「関東ローカルのみの放送ではないか」と不安視する意見も聞こえてきた。

 西野卒業時の映画は、「エースの卒業をきっかけに少女たちは、自分探しの旅に出る。」と銘打った作品となった。西野から“乃木坂の絶対的エース”というバトンを受け継いだ白石の卒業は、グループにどんな変化を与えるのか。これから大きく生まれ変わっていく乃木坂の成長に、しっかりと注目していきたい。

白石麻衣「卒業映画の制作待ったなし」?西野から受けたバトンがどう渡されるのかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!