13日、映画「ロマンスドール」の公開を記念してプライベート試写会が東京都内で行われ、出演者の高橋一生と蒼井優がトークショーを開催した。

 同作は「恋愛・結婚」をテーマに描かれた小説を映画化したものだが、この日は2人の恋愛トークにも花が咲いた。新婚の蒼井が、独身の高橋の恋愛観を一刀両断したことも話題となっている。

 来場者からの「好きな人への愛情表現はお金?時間?言葉?」という質問に対し、高橋は「お金と時間と言葉は、そう簡単には渡さないですね、好きな人に対しても」と独自の恋愛観を展開。これに対し、「だから付き合えないんじゃないですか」と強めにつっこむ蒼井。続けて、高橋は「イタタタタタ…。だから付き合えないのか」と傷ついた素振りを見せ、笑いを誘った。

 相手に毒を吐いて笑いを取るスタイルは蒼井の結婚相手「南海キャンディーズ」山里亮太の真骨頂。蒼井の発言について、「やまちゃん節が移った?」と思ったファンも少なくないだろう。昨年6月に結婚を発表した蒼井と山里。結婚記者会見では、2人が付き合った理由の一つに「怒るポイントが一緒」という蒼井の意見も挙がっていた。もともと毒舌な点では蒼井も似たり寄ったりな部分があったのかもしれない。

 山里といえば、ネットフリックスで配信されている「テラスハウス」のコメンテーターとして毒舌キャラのポジションを確立している。「吐き気がするわ」「こういうやつがいちばん嫌い」など、テラスハウスメンバーの言動に毒を吐きまくるコメントが視聴者の共感を呼んだ。

 今後は蒼井と山里の共演も増えてくるのだろうか。山里が相手であれば、順風満帆な結婚生活で蒼井のお笑い力も高まりそうだ。女優業だけではなく、バラエティ番組での蒼井の活躍にも期待が集まっている。

蒼井優「毒舌は結婚生活の影響?」移った“やまちゃん節”で高橋一生の恋愛観を一刀両断!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!