匂わせ投稿でラブレターを送り合うのは中学生くらいだと思っていた。

 タレント・木下優樹菜の炎上に、新たな燃料が加わったようだ。昨年11月に発覚した“タピオカ恫喝騒動”を発端として現在も炎上を続けている木下だが、今度はサッカー日本代表の乾貴士との不倫疑惑が持ち上がっているという。疑惑発覚のきっかけは、不倫を匂わせる本人のInstagramだった。昨年の大晦日にはお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史との離婚が報道されたばかりだが、次々と出てくる木下の醜聞に、10年間の藤本の苦労や我慢がうかがえてしまう。

 疑惑の投稿があったのは昨年7月。木下は長女と写った自撮りとともに「たかしあいしてるずーーっと」と“縦読み”できるコメントを公開している。その投稿が年始頃からネットで話題となり、「“たかし”は誰だ?」とネット掲示板では“特定班”まで集結するほどに注目を集めていた。そんな中で特定班の捜索から、乾“貴士”が過去にインスタで「ゆきなだいすき」と“縦読み”可能な投稿をしていたことが明らかに。乾は既婚者ながら以前バラエティ番組で木下のことが好きだと発言していたとも報じられており、ネット上では「木下と乾のダブル不倫か?」といった憶測が飛び交っている現状だ。

 “タピオカ恫喝騒動”以降、好感度を下げる疑惑が続出している木下。騒動の最中にもインスタの“裏アカ”立ち上げが疑われ、大晦日の離婚発表後には「汚い顔の人が汚い場所を掃除する」という夫・藤本への悪意が見え隠れする家庭内ルールや1年前からの“マンション内別居”など、次々といびつな結婚生活が報じられていた。そこにきての不倫疑惑。木下の気の強さは周知の事実だが、想像以上に不憫な藤本の姿が浮かび上がってきている。

 ネットでは「さすがにフジモンが可哀想になってきた」「フジモンのメンタルは大丈夫なのか」など、藤本に同情する声が相次いだ。さらに「これじゃ木下はますます復帰しずらくなるなーw」といった木下の早期の復帰は絶望的だとする意見や、「よく見つけてくるな」と、ネットの“特定班”の調査能力に舌を巻く人たちも見られた。

 まだネット上の憶測であり木下と乾の不倫が事実だと確定したわけではないが、すでに2人のインスタには批判コメントが集中している状況だ。思い返せば“タピオカ”もインスタのDMがきっかけ。今回もインスタの投稿が疑惑の種になっている。真偽はどうであれ、まず木下はインスタを完全に絶つ必要があるのではないだろうか。

フジモン「広がる同情論」木下優樹菜の相次ぐスキャンダルに「メンタル大丈夫?」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!