元NGT48の山口真帆が、12日放送の日本テレビ系『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でドラマデビューを果たした。

「昨年5月に大手芸能プロ・研音に所属し、女優転身を発表した山口ですが、『やっと、辿りついたか』という印象。

これまでもドラマデビューのチャンスは何度かあったものの、演技派俳優を多く擁する研音の合格ラインに達しておらず、立ち消えに。滑舌の悪さに不安は残るものの、今回は『単発ゲスト程度なら』とゴーサインが出たようです」(記者)

 山口が演じたのは、和田正人演じるIT会社社長の江本達郎から壮絶なパワハラやセクハラを受け続けたのち、その事実を動画で告発しようと試みる社員・愛菜役。

 生まれ変わるため整形した愛菜は、カメラの前で「この動画を公開したのは、どうしても許せない人がいるからです。その人は、江本達郎です。彼は、社員である私に対し、屈辱的な言葉を何度も浴びせ、毎日私の体に触れてきて、卑劣なセクハラを繰り返したんです」「お前には生きている価値はないと、毎日言われているようでした。私は彼に一度、殺されたようなものです」などと告白。

 しかし、この動画が公開される前に江本にトロフィーで殴られ、その勢いでビルから落下死してしまった。

元NGT山口真帆「私は彼に一度、殺された」事件想起させるセリフに騒然、課題は滑舌!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!