12日放送の『最強大食い王決定戦』(テレビ東京系)に日本人最強のフードファイターと称されるMAX鈴木が出演。“魔女”こと女性ファイター・菅原初代や優勝候補の一人であったダレンらとの「ラーメン大食い勝負」で見事勝利し、3度目の優勝を果たした。

 そんな鈴木は、同番組にゲスト出演した伝説のフードファイター・小林尊に挑戦状を直訴。憧れのレジェンドとの対面に感涙していた鈴木だが、ネット上では小林の変わり果てた容姿に注目が集まっている。

 昔は派手な髪色でチャラい印象が強かった小林。しかし、現在は黒髪のロングヘアーという変わりようだ。例えるなら、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹と同じような雰囲気を醸している。この姿にネット上では「イケメンすぎる」「印象変わりすぎ」とさまざまな意見が続出中だ。

「この話題に対して、小林さんは自身のTwitterで『キモくなっただけ。性格によせたらこれだった』と反応を示しています、その投稿にも『キモくなってないです!』『今も昔も大好きです』と好評のコメントが寄せられていますね。

現在は日本で活動しておらず、アメリカ・ニューヨークで暮らしているとのことですから、その影響も多少はありそう。正直、今の姿はファイターというよりも芸術家やクリエイターといったイメージの方が強いような……」(芸能ライター)

 日本人知名度ランキングでは、元メジャーリーガー松井秀喜をも超える知名度を誇る小林。そんな彼の変貌ぶりに驚くばかりだが、フードファイターとして再び日本で活躍してくれる日を祈りたいところである。

小林尊「“ピース又吉”化」凄まじい変貌ぶりに驚愕…… 「キモくなっただけ」と自虐するもファンから好評が殺到!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!