12日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)において、年度末に細川たかしからお歳暮を受け取った話題が取り上げられた。この日は新年最初の生放送であり、実家への帰省の様子なども話された。

 リスナーから細川たかしの『北酒場』を歌い、チップをもらったエピソードが紹介されると有吉は「『北酒場』といえば……」と思い出し「細川たかしさんのことをずっと褒めてたじゃん。歌がすごいとか、ダチョウ倶楽部の舞台は最低だったけれど(共演した)細川さんの歌が聞けたから最高」といった話をしていたところ、「年末に事務所に細川さんからでっかいタラバガニが送られてきて」と紹介された。

 このラジオ番組は東京や大阪など都市圏ではオンエアされていない。だが、地方への影響力は大きいといえ、細川もどこからか情報を得てタラバガニを贈ったのだろう。細川といえばお笑い芸人のレイザーラモンRGを実質的な弟子に持つほか、かつては「欽ちゃんファミリー」の一員としても活躍した。お笑い芸人のノリには理解がある人物と言える。

 有吉は昨年度に番組内でも、メーカーや商品の名前を連呼し、翌週に「お礼」として商品が送られてくる流れをゲームのように楽しんでいた。有吉は「『こち亀』の両さんみたいになっている」と話し笑いを誘っていた。ボロいビジネスの手法を見つけて手を出すも、痛い目を見る「こち亀」のパターンにハマっているのではと思ったようだ。

 有吉は『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)の裏番組として「加山雄三スペシャル」を放送するなど、大物イジりのセンスには定評がある。

 タラバガニにはじまる細川たかしとの交流にも期待したいところだ。(文=相川ナロウ)

細川たかしから巨大タラバガニ、有吉お歳暮を受け取るのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!