PL学園「野球部」復活へ問題山積!? 数々の不祥事と、完成された大阪勢力図

編集部

PL学園「野球部」復活へ問題山積!? 数々の不祥事と、完成された大阪勢力図の画像1

 名門復活なるか――。

 11日、大阪のPL学園でOB会総会が行われ、現在無期限の休部となっている野球部の復部の可能性があることがわかった。

 元巨人の桑田真澄OB会会長が「昨年、教団側と何度か話し合いの場を持つことができました。野球部の復部について考えていることが分かりました」と発表。すでに復部へ向けた方法やタイミングが模索されているという。

 かつて清原和博氏と桑田氏の「KKコンビ」を始め、高校野球界で一時代を築いたPL学園。他にも中村順司元監督や立浪和義氏、宮本慎也氏、片岡篤史氏などプロ野球で活躍した名選手を数多く輩出しており、今年の総会にも錚々たる出席者が集ったようだ。

 甲子園歴代3位の通算96勝を誇る名門野球部。しかし、近年は暴力事件など不祥事が相次ぎ、2016年の夏を最後に活動休止。翌17年3月には府高野連に脱退届が提出されていた。

 桑田氏らOB会は、その後も学校側に嘆願書を出すなど野球部復活へ尽力。今回はそんなOBたちの思いが実った形だ。まだ、復活が決まったわけではないが、いずれにせよ大きな一歩であることは間違いない。

PL学園「野球部」復活へ問題山積!? 数々の不祥事と、完成された大阪勢力図のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!