「前澤友作版バチェラー」に批判! 剛力彩芽復帰に支障か「CM決まらない」

編集部

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が、AbemaTVでお見合い企画をすると発表。ネット上では「剛力ちゃんが可哀想」「パートナーを軽々しく選びすぎ」などと、企画への賛否が飛び交っている。

 番組名は『前澤友作 真剣お見合いドキュメント FULL MOON LOVERS』だといい、現在20歳以上の参加希望者を募集中。応募条件には「宇宙渡航およびその準備に参加する興味のある方」「いつも明るく笑ってポジティブな方」などとあり、2月中旬からお見合いデートを行い、3月末にはパートナーが決定するという。

 前澤氏は、Twitterに「恥ずかしさもありますが、もう背水の陣、真剣に人生のパートナーを見つけたいと思います!」と意気込みを綴っている。

 今月、千葉県館山市に20億円の寄付を行うなど、社会貢献も行っている前澤氏。しかし、Twitterでの“10億円ばら撒き企画”やYouTubeでの成金自慢など、連日のように金絡みのニュースばかり並ぶ前澤氏に、いいイメージを抱かない人も多いようだ。

「早くも『前澤友作版バチェラー』などと話題の『FULL MOON LOVERS』ですが、応募初日には2,940人から応募があったとか。しかし、最近の前澤氏の活動に対しては、『金ありきの企画ばかりで下品』『成金がタレント気取り』『ただのかまってちゃん』などとアンチが急増。

それに伴い、前澤氏にゾッコンだったことで知られる元カノの剛力彩芽に対しても、『こんな男と付き合ってたの?』『男の趣味悪すぎ』といった声が相次いでいます」(記者)

「前澤友作版バチェラー」に批判! 剛力彩芽復帰に支障か「CM決まらない」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!