14日から始まるTBSの新ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の舞台あいさつが8日、東京都内で行われた。

 W主演を務める佐藤健と上白石萌音が共演者とともに登場。同ドラマは新米看護師が頭脳明晰な凄腕ドクターに恋するといった物語だが、佐藤が演じる超ドSキャラに注目が集まっている。上白石も撮影中に佐藤に胸キュンしたことを明かし、メロメロな様子を見せた。

 舞台あいさつでは「こんな先生います?」と佐藤の役柄について切り出した。上白石は「皆さんを代表して、役得でキュンキュンさせていただきたいと思います」と、ファンを気遣いながらも、佐藤のドSキャラに釘付けの様子を明かした。また、佐藤は「上白石さんに心ない言葉を浴びせ続け、共演者の皆さんから『ひどい!ひどい!』と言われ、心を痛める日々です」と、ドSキャラを演じる苦悩を明かし、会場の笑いを誘った。

 今回、佐藤演じる凄腕ドクターもそうだが、ここ最近ドSキャラの需要が高まっている。映画では「黒崎くんの言いなりになんてならない」「オオカミ少女と黒王子」「ういらぶ。」など、いずれもドSな性格の男性にヒロインが恋に落ちるパターンが多く見られる。もちろんファンからの反響が大きいのも事実だ。佐藤が演じるドSキャラがどこまでファンを胸キュンさせるかに期待が集まっている。

 すでにネットでは「こ、これはヤバい。健さんが本気出してきたー!」「硬派な役が続いたと思ったらここにきて胸キュンもの!キャスティングの人ありがとう!」など、佐藤の役柄に期待するファンの声が寄せられている。

 今年の夏には、大ヒット映画「るろうに剣心」の最終章が公開されることも決まっている佐藤。同映画とはまったく違った役柄だが、どちらも似合ってしまうのが彼の俳優力と言えるだろう。俳優として成熟していく1年になりそうだ。今後も佐藤の活躍から目が離せない。

佐藤健「願望が現実に」ドSキャラが放送前から大反響!共演者もメロメロのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!