俳優でミュージシャンのGACKTは1日、正月恒例のスペシャル番組・テレビ朝日系列「芸能人格付けチェック」に出演。エアーバンド「ゴールデンボンバー」鬼龍院翔との「チーム全問正解」として問題に挑んだ。

 番組で鬼龍院が誤答を続けるも、そこでGACKTの見せた“神対応”が反響を呼び、ネット上で大きな話題となっている。さらにその放送は番組史上最高の視聴率を記録。並み居る元日のライバル番組に勝る存在感を見せつけた。

 “無敗の男”GACKTが正解を続ける一方で、チームメイト・鬼龍院は不正解を連発。鬼龍院が土下座しGACKTが説教する一幕も。だがGACKTは自身初の“三流芸能人”に甘んじた後、「大丈夫。何が悔しいって、お前のことじゃない」と不正解の鬼龍院に気遣い。続けて「桐谷の嬉しそうな顔がムカつく」と、怒りの矛先は共演者の俳優・桐谷健太をロックオン。桐谷も笑いながら「(三流芸能人のスリッパを)ファッションで好きで選んでるのかなと思って」と返し、2人のやりとりで視聴者を大いに楽しませた。

 2009年から格付けチェックに参加するGACKTは今回の放送でも無敗を維持。最終的に4問正解で自身の個人連勝記録を58から62に更新している。普段バラエティ番組への出演は多くないGACKTだが、毎年の格付けチェックでのコメントの端々からバラエティ適性の高さを発揮しているだけに、本人が出演の意思さえ見せれば、引っ張りだこになる可能性は高い。

 新たな一面を見せるGACKTにネットからは「改めてGACKTのバラエティ能力の高さを知った(笑)」「GACKTと鬼龍院のコンビがいまだかつてないくらい面白かった」など、絶賛する声が続出。鬼龍院もTwitterで「GACKTさんには申し訳なかったですが番組が盛り上がったかもしれないと思うとこれもアリといえばアリだったのかな・・・?汗」と、冷や汗混じりながら番組を盛り上げた手応えを語った。

 GACKTの活躍もあってか、視聴率も番組史上最高の21.2%を記録している(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。“数字も持ってる男”として今後バラエティに参戦する可能性はあるだろうか。本人の選択次第ではあるが、ぜひとも期待して今後の活躍を見守りたい。

GACKT「底知れぬ才能」お笑いスキルも超一流!格付けチェックでバラエティ適正を披露のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!