秋元優里元アナ「上級国民パワー」でドラマ制作者に抜擢? フジテレビが手掛ける「20憶円ドラマ」プロデューサーの謎の画像1

 かつては報道番組『ニュースJAPAN』(フジテレビ系)のキャスターに抜てきされ、人気者アナウンサーとして活躍していた秋元優里元アナ。

 2012年には俳優・生田斗真の弟で後輩の生田竜聖アナと結婚するなど、公私ともに順調かと思われたが、18年に「週刊文春」(文藝春秋)から妻子持ち番組プロデューサーとの密会不倫が報じられた。本人は否定していたものの、出演していた番組はすべて見合わせとなり、同年4月には離婚が成立したのである。

 その後は、別部署へ移動となりアナウンサー業を退いた秋元。そんなテレビが消えた彼女が、同局の「20憶円ドラマ」の“プロデューサー”に抜擢されたことがニュースサイト「東スポWeb」の取材で明らかになっている。

「秋元さんは現在、ネット配信を手掛ける部署にいるようです。昨年には世界最大級の国際映像コンテンツ見本市に参加しており、制作費20憶円オーバーの超大型ドラマを売り込みに行ったとか。その様子は地元の新聞にも掲載されていたようです」(記者)

 なぜ元アナウンサーの秋元がドラマプロデューサーに抜擢されたのか不明だが、帰国子女の語学力が高く評価された模様。見本市では、海外放送局や動画配信サイトに向けて英語でアピールしていたという。

 ただ、いくら英語力があるとはいえ、やはり不自然に感じる人間は多い。それも、社運を賭けた「20憶円ドラマ」のプロデューサーだから尚更である。

秋元優里元アナ「上級国民パワー」でドラマ制作者に抜擢? フジテレビが手掛ける「20憶円ドラマ」プロデューサーの謎のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!