6日、俳優の山田孝之と女優の広瀬アリスが都内で行なわれた「2020年 春 ジョージアブランド」戦略発表会に出席。

 2人は、ジョージアブランドのアンバサダーとして、東京2020オリンピックの聖火ランナーを担当することが発表された。山田は、選出に関して「私みたいなものが、神聖な聖火を持ち走れる日が来ると驚いておりますが精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 Netflixの配信ドラマ「全裸監督」の主演抜擢に続き、世界的イベントの聖火ランナーにも選出され、今まさに波に乗っている山田。さらに、彼が主演を務めた映画「ステップ」が4月に公開されることが決まっている。全裸監督の評判も上々、CMにも多数出演して好感度を上げ、2020年は更なる飛躍を遂げることが期待される。

 今や全裸監督のユニークなイメージの強い山田だが、今まで彼が演じてきたのは全裸監督や「勇者ヨシヒコ」シリーズのような光のあたる役だけではない。過去にはフジテレビの月9ドラマ「信長協奏曲」で、主役の小栗旬から直接オファーを受けて悪役を務めたこともある。さらにその翌年に公開された映画「新宿スワン」でも、ヒロインを騙す“汚れ役”を見事に演じ上げた。

 悪役や汚れ役を演じると、役のイメージが影響して俳優自身の好感度まで下がってしまうことも少なくないが、山田は男女ともに高い好感度を維持し続けている。善悪幅広く演じながらも安定した人気を集めているのは、彼だからこそなのかもしれない。

 山田の聖火ランナー選出が発表され、すでにネットでは「全裸監督姿で走るのでは」と話題になっている。ファンを楽しませることが得意な彼は聖火リレーでとのような走りを見せ、その後どのような大活躍を遂げてくれるのだろうか。2020年の山田に注目したい。

山田孝之「もはや神域」2020聖火ランナー抜擢!ヒール役も演じつつ高い好感度をキープのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!