「スピッツ」が「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔主演のドラマの主題歌を担当!

編集部

スピッツ

 人気バンド「スピッツ」が7月27日にリリースするアルバム『醒めない』に収録される新曲『コメット』が、ジャニーズの人気グループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔主演で同月17日からフジテレビ系で放送されるドラマ「HOPE~期待ゼロの新入社員~」の主題歌に起用されることが分かった。

 同ドラマは、2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送され、韓国内で社会現象を巻き起こした連続ドラマ「ミセン-未生-」が原作。
 高校生の頃に父親を亡くし、囲碁のプロ棋士を目指すも挫折して大学に進学せずにアルバイトをして中島扮する主人公・一ノ瀬歩が、インターンとして総合商社で働きはじめ、誰からも期待されずとも、会社の現実とひたむきに立ち向かい、奮闘する姿を描いたヒューマンドラマとなっている。

 今回の楽曲提供のオファーを受けて作詞、作曲を担当した「スピッツ」の草野マサムネは、「今回の曲は『投げやり』から『前向き』に変わろうとする途上を歌っています。僕自身、初めての事への挑戦や環境の変化に対してすごく臆病な性分です。なので『HOPE』の主人公には強い思い入れを持ってしまいました。本当に楽しみにしています! ドラマの世界観に寄り添うことができるとうれしいです」とコメントしている。

「スピッツ」が「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔主演のドラマの主題歌を担当!のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!