嵐「解散示唆の燃え尽き?」ネトフリ内容が悲しすぎて、今後が不安

編集部

嵐「解散示唆の燃え尽き?」ネトフリ内容が悲しすぎて、今後が不安の画像1

 31日、嵐のドキュメンタリー『ARASHI’s Diary -Voyage-』がNetflixで配信が開始され、その内容に大きな話題が集まっている。

 第1話は「二十年」ということで、個々のメンバーに二十年について質問し、それに応えるという内容が主だった。

 番組冒頭は、いきなり今年11月の天皇陛下式典の裏側からスタート。その後活動休止発表会見の際の裏側も公開した。

「活動休止を決める際、5人でメンバーが抜ける(ここでは大野智)のは誰も納得しなかったことなどを語っています。

印象的だったのはメンバーのそれぞれが『燃え尽き症候群』『燃え尽きそう』と語っていたことですね。これだけ聞くと、やはり単なる活動休止ではないことを示唆しているような印象を受けます。

メンバーの悩みの大きさ、今後の道筋などがこれから定期的に発信されていくわけですが、ファンには辛い配信も多くなりそうです」(記者)

 Netflixならではの豪華映像によるドキュメンタリー。だが、それだけに不安も募る内容だ。

嵐「解散示唆の燃え尽き?」ネトフリ内容が悲しすぎて、今後が不安のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!