【サントリーコーヒー「BOSS」×「男はつらいよ」タイアップ新CM】令和元年の年の瀬に帰ってきたあの国民的キャラクターがすべての働く人たちに贈るメッセージとは!?

編集部

【サントリーコーヒー「BOSS」×「男はつらいよ」タイアップ新CM】令和元年の年の瀬に帰ってきたあの国民的キャラクターがすべての働く人たちに贈るメッセージとは!?の画像1

 サントリー食品インターナショナル(株)は、サントリーコーヒー「BOSS」の新 CM として、渥美清さん主演の国民的映画シリーズで、12月27日(金)に第50作目が公開される『男はつらいよ お帰り 寅さん』とタイアップした「ねえ、寅さん」篇(60 秒)を、同日よりサントリー公式 YouTube チャンネルで公開します。また 12 月 28 日(土)より BS/CS で放映します。

 サントリーコーヒー「BOSS」は 1992(平成 4)年の発売以来、“働く人の相棒”として、多くのお客様に親しまれているロングセラーブランドです。一方、松竹映画『男はつらいよ』は、山田洋次さん原作・脚本・監督(一部作品除く)・渥美清さん主演で、1969 年に第 1 作が公開されて以降、たくさんの視聴者の皆様に愛されている国民的映画シリーズです。

 この度、公開から 50 周年を迎える同映画とタイアップし、第 50 作目の最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』(12 月 27 日公開)にも使用されている、“フーテンの寅さん”こと車寅次郎の名言や、懐かしの名シーンで構成した新 CM を制作。名優・渥美清さんが、26 年間に渡って真摯に演じ続け、今なお幅広い世代から愛され続ける国民的キャラクター「寅さん」と「BOSS」のコラボレーションを通じて、令和元年の年末を迎えるすべての働く人たちに、「強く生きていくためのヒント」となるメッセージを贈ります。

「インテリというのは自分で考え過ぎますからね。そのうち俺は何を考えていただろうって分かんなくなってくるわけなんです」や「あぁ、生まれて来てよかったな、って思う事が何べんかあるじゃな い。そのために人間生きてんじゃねえのか?」など、“正直に、前を向いて、生きていく”寅さんならではの名ゼリフの数々は、人間の弱い部分さえも肯定してくれていて人情味に溢れています。

 監修として山田監督も参加。何十年も前の事でありながらも、鮮明に当時の渥美さんの芝居の記憶を辿って、的確な指示出しを展開。往年の寅さんファンはもちろん、当時を知らない世代でも楽しめる作品となっています。ぜひご注目ください。

【タイトル】
サントリーコーヒー「BOSS」 新CM 「ねえ、寅さん」篇(60秒)
【放映開始日】
2019 年 12 月 28 日(土)
【公開先】
BS/CS
※本動画は 12 月 27 日(金)より、サントリー公式 YouTube チャンネルでも公開予定です。 【URL】
 https://www.youtube.com/watch?v=P04C9-kbmxE

【サントリーコーヒー「BOSS」×「男はつらいよ」タイアップ新CM】令和元年の年の瀬に帰ってきたあの国民的キャラクターがすべての働く人たちに贈るメッセージとは!?のページです。エンタMEGAは、エンタメカルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!