23日に放送された日本テレビの「人生が変わる1分間の深イイ話」は、アイドルグループ「日向坂46」をクローズアップ。多忙なメンバーがそれぞれの思いを語り、キャプテンの佐々木久美はファンへの感謝を口にした。SNS上では、ファンが日向坂46と佐々木に感動したとファンが感動の声を上げている。

 日向坂46は、もともと「欅坂46」から派生した「けやき坂」として活動をスタート。結成のきっかけは、元欅坂46の長濱ねるのために組織されたグループであったと同番組で明かした。それが原因なのか、結成当初はファンがほとんどいない状態。当時の握手会では同じ人が何回も並び、列が全くできなかったこともあるという。しかし、そこから地道な努力を3年間続け、ついに今年の3月に「日向坂46」としてデビューとなった。

 同番組で、メンバーの斉藤京子は「私たちのグループの居場所が3年間ずっとわからなくて、そこでようやく認められたなって思いました」と、今までの苦労を口にした。佐々木も「今、こうやってお仕事できてることが本当に幸せ」と、純情な気持ちを語った。さらに佐々木は「日向って太陽がないとできないじゃないですか。私たちもファンの方々がいないとこういう活動はできていないので、そういう気持ちも込めて、ファンの方をおひさまって呼ばせてもらってます」と、ファンへの全く曇りのない感謝の気持ちを表した。

 佐々木の礼儀正しすぎるコメントに対し、ファンたちは「泣きそう!日向を優しく温めるファンになりますよ!」「佐々木、本当にありがとう涙」と、ツイッター上で涙を流している。

 今最も勢いのある日向坂46。デビュー曲「キュン」は、女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位を記録し、今年の紅白歌合戦の出場まで決まっている。そんな日向坂46を引っ張る佐々木は礼儀正しく謙虚であり、まさしくグループを代表する存在だ。

 今後もファンを太陽に例えるような佐々木の純粋さに胸を打たれる人たちが続出するはずだ。

日向坂46・佐々木久美「ファンはおひさま」感謝コメが模範的すぎる!キャプテンとして苦労の末に人気爆上げのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!