嵐櫻井翔『紅白司会』で“異常むくみ”の再来に懸念。リバウンドを繰り返す「激ヤバ変化」は今も健在?

編集部

嵐櫻井翔『紅白司会』で異常むくみの再来に懸念。リバウンドを繰り返す「激ヤバ変化」は今も健在?の画像1

 今年大晦日の『第70回NHK紅白歌合戦』は、若い世代の出場者たちが放送を大いに盛り上げてくれそうだ。

 注目の初出場歌手では、紅組の日向坂46がデビュー曲『キュン』、Foorinが『パプリカ-紅白スペシャルバージョン』、一方で白組はKis-My-Ft2がデビュー曲の『Everybody Go』、Official髭男dismがヒット曲『Pretender』を歌う。

 また、メドレー曲として関ジャニ∞が「関ジャニ∞前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー」、再ブレークを果たしたDA PUMPが「DA PUMP ~ONE TEAMメドレー~」を披露する。

 そして、11度目の出場となる嵐は「嵐×紅白スペシャルメドレー」を歌う予定。2020年末で活動休止するだけに、今年の紅白は例年以上の価値があるといえるだろう。仮に来年出場したとしても今年と合わせて後2回だ。そんな貴重な嵐にファンの期待は高まるばかりだが……。

 ネット上では、昨年に続き2回目の白組司会を務める櫻井翔に対し不安の声も多い。

「一昨年の『紅白』では、目が晴れ上がった異様な容姿が大きな話題となりました。そんな櫻井の異変に『大丈夫かな?』『異常なむくみだよね』と戸惑うファンが続出。以前から指摘されていた『お酒の飲みすぎが原因なのでは?』との声も上がっていましたね」(芸能ライター)

嵐櫻井翔『紅白司会』で“異常むくみ”の再来に懸念。リバウンドを繰り返す「激ヤバ変化」は今も健在?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!