フリーアナウンサーの宇垣美里が、来年1月4日に放送される読売テレビ制作の全国ネット特番「プロ野球No.1決定戦 バトルスタジアム」でアナウンサーの宮根誠司、お笑いコンビの「千鳥」とともにMCを担当したことが分かった。

 セ・リーグ、パ・リーグ全12球団の人気選手がそれぞれ3名ずつ参加し、オリジナリティのある色々な競技に挑戦するこの番組は、1985年から続く年末年始の人気特番である。

 現在10本以上の冠番組を持つ大人気MCの千鳥とともにMCを務められることは、人気者の証と言っても過言ではない。今年3月に5年間勤めたTBSを退社し、フリーアナウンサーへと転身した宇垣。転身後はモデルやCM出演などマルチに活躍し、TBS所属時代に増して多忙の日々を送っているようだ。

 宇垣のマネージャーが運営するインスタグラムは、本人が更新していないにもかかわらず、フォロワー数は28万人にも上る。そんな男女ともに人気を博する彼女の最大の魅力は、見た目と性格のギャップである。「ポスト田中みな実」と言われるだけあって小動物のような愛らしいルックスからは想像もつかない、歯に衣着せぬハッキリとした物言いがファンを虜にしている。

 その、歯に衣着せぬ物言いが生み出したのが、“宇垣節”である。さまざまな番組・雑誌インタビューで名言を残している彼女。「人生は配られたカードで勝負するしかない」「人それぞれに地獄がある」など、地に足のついた、良い意味で女子アナらしくない発言に共感の声が続出している。今回の特番MCでも、プロ野球選手相手に “宇垣節”をさく裂させてくれるのだろうか。

 野球ファンのみならず多くの視聴者から人気を集める同番組。大人気MC千鳥の二人の隣で、彼女はどんな名言を繰り出すのだろうか。年明けの放送に期待したい。

宇垣美里「千鳥とダブルMC」プロ野球特番で“宇垣節”さく裂!?侍戦士への“遠慮のない物言い”に期待のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!