松井珠理奈「立候補ただ1人」、48グループ「ハワイ親善大使」企画がお蔵入り危機

編集部

SKE48、NMB48、STU48が合同で行っている企画「ハワイ州観光局 SDGs親善大使はきみだ!」の立候補メンバーが「1人しかいない」と話題だ。

 同企画は、ゲームアプリ『SKE48の大富豪はおわらない!』『NMB48の麻雀てっぺんとったんで!』『STU48の7ならべ』が合同で行う連動イベント。それぞれのアプリの「推しメンポイント」を連動させ、各メンバーの獲得ポイントによって「ハワイ州観光局SDGs親善大使」を各グループから1名ずつ選抜するという。

 なお、競い合うメンバーは立候補制で、今月13~25日に自身のTwitterで自ら表明するルールだという。

「立候補開始から1週間が経とうとしているものの、SKE48の松井珠理奈しか立候補していないようなんです。まだ締め切りまで数日ありますが、このままでは企画がお蔵入りになると、ファンもヒヤヒヤしています」(記者)

 松井は、立候補が開始された13日、「SKE大富豪アプリ、NMB、STUアプリ合同イベントが開催されます! 各グループ1位がハワイ州観光局SDGs親善大使選ばれます ハワイは、個人的に思い入れがあるので立候補します」とツイートし、よほどやる気があるのか、これをトップ投稿に“固定”。しかし、他のグループも含め、メンバーが後に続いている様子はない。

 ネット上では、松井の独擅場に対し「独裁者がいる国の選挙だわ」「珠理奈と競り合いたいメンバーなんていないだろ」「企画ぶち壊しててワロタ」という声が相次いでいる。

 松井といえば、昨年6月の選抜総選挙で初センターに輝くも、翌月から「体調不良」を理由に活動を休止。10月に本格復帰したが、今年9月から再び休養。先月21日に仕事復帰を報告したが、いまだ精神面が心配されている。

松井珠理奈「立候補ただ1人」、48グループ「ハワイ親善大使」企画がお蔵入り危機のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!