キンプリによる「One Love」カバーに騒然……●●な歌い方に嵐ファンからもコメントが

編集部

キンプリによる「One Love」カバーに騒然……●●な歌い方に嵐ファンからもコメントがの画像1

 

 嵐・相葉雅紀が総合司会を務めた『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。12月11日に放送された第2夜では、King & Princeが“思い出の1曲”を披露した。

 同番組には、和田アキ子やTHE YELLOW MONKEYなどの大御所アーティストが多数出演。ジャニーズからはキンプリのほかにもV6、Kis-My-Ft2、ジャニーズWEST、Sexy Zoneなど、超豪華メンツが勢ぞろいしている。

 相葉は総合司会として、堂々と第2夜の開催を宣言。コラボレーション企画で大好評を博した第1夜だが、第2夜は少し趣向を変えて「思い出の1曲」がテーマに掲げられた。

「それぞれのアーティストが『思い出の1曲』を挙げつつ、時にその曲をカバーして披露するという趣向の第2夜。豪華アーティストが他アーティストの名曲を歌う『FNS歌謡祭』らしいお祭り企画で、King & Princeはトップバッターを務めることになりました。彼らが選んだ『思い出の1曲』は、なんと嵐の名曲『One Love』。

 平野紫耀のドアップからイントロが流れ出した途端、観客から大歓声が巻き起こります。手話のような独特のふりつけも完璧に再現して、見事歌い上げたキンプリ。曲を聴いた司会の相葉は『気を遣ってくれたんですかね…』とはにかみつつ、『嬉しかったです』と大喜びしていました。自分たちも先輩の曲を歌ってきたことを振り返り、『こうやって歌い継がれていくんだな』と感慨深げな様子を見せています」(芸能ライター)

 キンプリによる嵐の名曲カバーには、両グループのファンから「ありがとうキンプリ。すごく大事に歌ってくれているのが伝わってきたよ…」「キンプリの『One Love』素敵だった! 衣装とセットがきらきらしてて、いつもより目のうるおいが増してた気がする」「たくさんの気持ちをこめて歌ってくれたね。嵐が活動休止しても、こうやって歌ってほしい」「キンプリの『One Love』、聞いてて涙がこみ上げてきた。最高のカバーだ」といった声が続出。

キンプリによる「One Love」カバーに騒然……●●な歌い方に嵐ファンからもコメントがのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!