欧州CL「決勝進出」16チーム決定! 昨年王者のリヴァプール、バルセロナ、レアル・マドリーなどが欧州フットボールクラブの頂点を目指す

編集部

欧州CL「決勝進出」16チーム決定! 昨年王者のリヴァプール、バルセロナ、レアル・マドリーなどが欧州フットボールクラブの頂点を目指すの画像1

 12日、欧州チャンピオンズリーグの決勝トーナメント進出チーム16が決定。欧州フットボールクラブにとって、最高の栄誉が争われる。

 昨年王者のリヴァプールを筆頭に、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、フランスのパリ・サンジェルマン、スペインのFCバルセロナ、レアル・マドリーといった世界的強豪が順当に決勝へ進出。なお、組み合わせ抽選会は16日に行われる見込みだ。

 なお、決勝進出チームは
グループAからパリ・サンジェルマン(フランス)、レアル・マドリー(スペイン)、
グループBからバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、トッテナム・ホットスパー(イングランド)、
グループCからマンチェスター・シティ(イングランド)、アタランタ(イタリア)、
グループDからユヴェントス(イタリア)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、
グループE からFCバルセロナ(スペイン)、ドルトムント(ドイツ)、
グループGからRBライプツィヒ(ドイツ)、オリンピック・リヨン(フランス)、
グループHからバレンシア(スペイン)、チェルシー(イングランド)となっている。

「現在、リーグ首位のリヴァプールや(FC)バルセロナなど、今シーズンも好調を維持しているチームが順当に勝ち上がってきた印象ですが、ドイツのバイエルン(ミュンヘン)やフランスの(オリンピック)リヨンはリーグ戦でやや苦戦しているだけに、ここで結果を出しておきたいですね。

決勝戦からホーム&アウェーのトーナメント方式となるので、チャンピオンズリーグの組み合わせ抽選は非常に重要。どこと当たっても豪華カードですし、16日は世界の注目が集まると思います」(記者)

 優勝賞金の約25億円も然ることながら、決勝トーナメントに進んだ時点で10億円以上の賞金となるチャンピオンズリーグ。「1勝3億」と世界の類を見ない破格の大会だけに、今年も欧州フットボールクラブの粋が集うハイレベルな大会になりそうだ。

欧州CL「決勝進出」16チーム決定! 昨年王者のリヴァプール、バルセロナ、レアル・マドリーなどが欧州フットボールクラブの頂点を目指すのページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!