2度目の逮捕・釈放後にYouTuberデビューした坂口杏里が、ご立腹だ。

 坂口は10日、自身のTwitterやインスタグラムに「何が本当で何が嘘かわからない! 信用も信頼もないし、いいことばっか並べて最後はポイ。大人なら責任持ってください。」と意味深コメントを投稿。身の回りで何かあったことを匂わせた。

「9月の開設以来、ハイペースで更新されていたYouTubeチャンネルの更新が11月16日で突然、止まってしまったんです。ネット上の杏里ウォッチャーたちも『また途中で投げ出した?』とザワついていました」(記者)

 YouTuberになってからの坂口といえば、自ら「クソチューバー」を名乗り“炎上キャラ”に逆戻り。10月に公開した動画「【驚愕】この私がドン引きした芸能人○○さんについて語ります。」では、タレント時代に所属していた芸能事務所の暗部や、同事務所の女性タレントの裏の顔を暴露していた。

 さらに、先月公開された「SPA!」(扶桑社)のインタビューでは、「私は今、芸能人でも何でもないんで当時の暴露ネタもバンバンやっていきたい」と発言。芸能界の暴露トークに意欲を見せていた。

「タレント時代の所属事務所から、現事務所に対し横やりが入ったのかもしれません。坂口の古巣といえば、社長が過去に巨額脱税事件で逮捕されているほか、長らく社長と所属タレントの“ただならぬ関係”がささやかれてきた。2010年に当時所属していた眞鍋かをりが契約無効を求めて裁判を起こした際にも、その辺のタブーの数々を暴露していました。そのため、坂口がどこまで暴露する気なのかと、業界でも注目されていました」(同)

坂口杏里が意味深投稿「事務所クビ」か、YouTube更新停止で前事務所から“横やり疑惑”ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!