10日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、8日に放送された『THE MANZAI2019』(フジテレビ系)の内容が語られた。

 この番組は約10年ぶりにコンビ復活を遂げたアンタッチャブルが16.5%の瞬間最高視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)。太田光は「あの時間帯だよ。裏はあの天下の大河があるんだよ」と皮肉った。これは最低視聴率に伸び悩むNHKの大河ドラマ『いだてん』を意識したものだろう。

 ただ、大河以外にも『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)、元SMAPの木村拓哉が出演するドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)といった人気番組がひしめく中で、好成績を残した。

 太田は「やっぱりアンタッチャブルの評判いいよね。すごい復活劇みたいな感じで」と評価した。さらに、おなじみのウーマンラッシュアワーの社会派ネタに関しても「最高だよ」と評した。これには田中も「あれ面白かったよ。俺笑ったもん。ギャグが少ないって言われ方するじゃない」とフォロー。太田は「漫才はどんな形があったっていい。ああいうのがなきゃダメなんだから」と語り、マイクを倒して帰った動きが批判されている村本を擁護した。

 さらに爆笑問題のネタがネットニュースで「過去最低」と書かれていたことも言及。実際に田中のミスで、壇蜜のネタを二度振ってしまい、ネタのキレを欠いたようだ。いつもはネットニュースには激怒することで知られる太田であるものの、今回はおとなしいトーンで「フジテレビも編集すればいいのに」と愚痴りつつ「客の言うことが一番正しいから」と反省しきりだった。

 今はテレビ業界においてネタ番組は減りつつあるが、『THE MANZAI』は貴重な場として爆笑問題の二人も考えているようだ。(文=相川ナロウ)

爆笑問題『THE MANZAI』の貴重性を語る……「やっぱりアンタッチャブルの評判いい」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!