『ZIP!』の嵐特集で「泣いた」という人が続出! 活動休止まであと1年…

編集部

『ZIP!』の嵐特集で「泣いた」という人が続出! 活動休止まであと1年…の画像1

 

12月9日に放送された『ZIP!』(日本テレビ系)では、嵐が2019年に歩んできた記録を特集。激動の1年を送った嵐の姿が「なんか自然と涙があふれてきた」と話題になっている。

 今年でデビュー20周年の嵐だが、2019年は“活動休止”の発表から幕を開けることに。今年6月には20年分のシングルを集約したベストアルバムを発表。初日の売り上げは、歴代男性アーティスト史上最高の72万9000枚を記録した。

 他にも今年8月に、嵐5度目となる『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティを担当。さらにYouTube公式チャンネルや、ジャニーズ初のSNSアカウントを開設していた。11月9日の天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典では、両陛下の目の前で歌を披露するなどめざましい活躍を見せている。

「活動休止まで残り1年の嵐ですが、新たなことに挑戦し続ける姿勢は流石。特集の最後では、松本潤のコメントをピックアップしています。松本は活動休止に対して、『僕らは期限が決まっている。

 だからこそできるチャンスもある』とコメント。さらに『僕らがやってみることで得る経験をジャニーズに還元すること。それが、僕ら(嵐)ができる恩返し』と20年の感謝を明かしていました。また、『24時間テレビ』では相葉がメンバーに対して『僕は“休止”と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。近い将来、絶対グループ活動しようね』と胸中を吐露。活動休止では終わらないという、強い意志を感じますね」(芸能ライター)

 激動の1年間を全力で走り続けた嵐。同番組の特集を視聴した人からは、「テレビの前で泣いてしまった。この1年の彼らの誠心誠意が、悲しい寂しいだけじゃない涙に変えてくれたよ」「嵐の1年を丁寧にまとめてくれたことに感謝。来年で活動休止とは寂しくなるね」「活動休止しても、ポジティブな気持ちで応援したい」などの声が相次いでいる。

『ZIP!』の嵐特集で「泣いた」という人が続出! 活動休止まであと1年…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!