まねきケチャ「2020年ブレイク筆頭」可愛すぎる“ねこ娘コス”披露!福を招いて坂道グループに追随なるか

編集部
まねきケチャ「2020年ブレイク筆頭」可愛すぎるねこ娘コス披露!福を招いて坂道グループに追随なるかの画像1

「まねきケチャ」公式サイトより

 アイドルグループ「まねきケチャ」は1日、同グループがエンディングテーマを歌うフジテレビ「ゲゲゲの鬼太郎」に関わるイベント「ゲゲゲ忌2019」に出演。神社をステージに曲を披露し、今月発売される新アルバムのヒットを祈願した。

 2015年にデビューしメンバー全員のルックス・歌唱力の高さが話題となって以降、年々注目度が高まってきているまねきケチャ。遠くない将来、AKB・坂道グループやハロプロのアイドルたちと肩を並べる日が来るのかもしれない。

 まねきケチャは、“鬼太郎の聖地”ともされる東京・調布市にある布多天神社の拝殿をステージとして、約500人の観客の前で現在アニメのエンディングに使用されている「あるわけないのその奥に」などを熱唱。ゲゲゲの鬼太郎に登場する“ねこ娘”の衣装をまとってイベントを盛り上げながら、今月18日に発売される新アルバム「あるわけないの」をPRした。

 アイドルグループ「drop」(現在は解散)の妹分グループとして「この世界に『福』を招くために、人間界に降り立った見習い天使」をコンセプトにデビューしたまねきケチャは、デビュー以来毎年新曲を発表しシングルランキングで上位にランクインするなど高い人気を誇っている。さらに昨年9月にはアーティストの聖地・日本武道館でのライブを果たした。まさに今“乗りに乗っている”アイドルグループと言っても過言ではないだろう。

 ネット上には「ゲゲゲの森ライブ楽しかった!」「ミニライブ観てきた。楽しかった」といったイベントを現地で見たファンの声が殺到。「振り付けヒュードロドロなのに可愛いなぁ~」など、作品に合わせた楽曲の振り付けも大好評。これからの人気の高まりを予感させる反応にあふれた。

 まねきケチャというグループ名の由来は、福を呼ぶ“まねき猫”とヲタ芸の一種“ケチャ”を合わせたものだという。まねき“猫”は“ねずみ”年となる2020年を飛躍の年とできるか。来年も要注目だ。

まねきケチャ「2020年ブレイク筆頭」可愛すぎる“ねこ娘コス”披露!福を招いて坂道グループに追随なるかのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!