乃木坂46の白石麻衣が4日、フジテレビ系音楽特番『2019 FNS歌謡祭 第1夜』に生出演。秋元康氏がこの番組のために書き下ろしたというデュエットソング「necessary」を、鈴木雅之とのコラボで披露した。

 大人のラブソングに挑戦する白石は、「本当に光栄ですし、秋元先生がこの日のために書き下ろしてくださったので、精いっぱい歌いたいと思います」と意気込み、しっとりとした美声を披露。実力派シンガーの鈴木とのバランスもぴったりだった。

 しかし、ネット上では「白石麻衣完璧に口パクだったね」「白石麻衣口パクわかりやすすぎて草」「デュエットくらい口パクじゃなくして欲しい」「ここで口パクやっちゃうのはマーチンに失礼でしょ」と、“口パク”を疑う声が殺到している。

 これに対し、ファンからは「僕は口パクとは思ってません!ていうか口パクかどうかなんてあんま気にしてなかったんで。まいやんは常に最高!これは間違いない!」「口パクにしか聞こえないくらいの美しい声って事だよね。まいやんは、もともと声がちょっとこもった感じだからしゃーない。私は生歌だと思う」「FNS歌謡祭のために書き下ろしたって言うてんのに口パク言ってるやつアホか? 歌ってるに決まってるだろw あの白石麻衣が録音する時間なんかあると思うか?w」(原文ママ)と猛反論が相次いでいる。

 なお、同番組では乃木坂46と広瀬香美が「ゲレンデがとけるほど恋したい」を披露。同様に「これ、どう見ても広瀬香美しか歌ってないだろ」といった声が上がっている。

「“口パク”かどうか以上に、『デュエットで片方しか歌っていない可能性がある』という、見たことのない異様な光景に気持ち悪さを覚えた視聴者は多かったようです。しかし、白石のルックスは、中年男性とのデュエットの並びとしてはぴったり。白石の美しさに引き込まれた視聴者も多かったようですから、画的には大成功だったといえそう。また、鈴木や広瀬に失礼という意見もありますが、飛ぶ鳥を落とす勢いの乃木坂46となら、ベテラン歌手であっても無条件でコラボしたいのでは?」(記者)

 鈴木に負けず、寸分狂わぬ音程で「necessary」を歌い上げた白石。そこには“口パク”疑惑を超えるほどの画力(えぢから)があったと言えそうだ。

白石麻衣「デュエットで口パク」疑惑の気持ち悪さ! 「まいやんに録音する時間なんてない」ファン猛反論のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!