1日、公式サイトで「L’Arc~en~Cielから大切なお知らせ」と題して「3日の系全国ネットをご確認ください」とアナウンスしていた人気ロックバンド・L’Arc〜en〜Ciel

 さらに、公式Twitterには「ラルク、解○。」と書かれたビジュアルも公開され、その「◯」に中に入るワードに様々な予想が寄せられていた。

 この発表を受け、Twitterのトレンドワードは1位を独占。ファンからは「解消」「解散」「解体」といったネガティブな言葉や、「解禁」「解放」など新たな取り組みを予感させるワードも浮上するなど、その動向に大きな注目が集まっていたのだが……。

その答えが3日、同Twitterで判明。気になる内容は「L’Arc~en~Ciel 公式YouTube アーティストチャンネル開設!」というもので、その勿体つけた告知方法に一部ファンからは「は?」「すべったな」といった声が続出中だ。

「解散という言葉も上がっていただけに一安心したファンも多いですが、ふたを開けてみればチャンネル開設が解禁されるだけ。しかも、現在YouTube上にアップされている動画は過去のヒット曲のPVのみとなっています。

これにはファンも『新曲ですらない』『その辺の素人YouTuberより酷い』と呆れ気味。あえて文字を伏せて期待感を煽ることはよくある話ですが、その期待よりも下回れば無意味ですよね。むしろ、反感を買ってしまい逆効果になることもあるでしょう。現状、ラルクさんの宣伝方法はマイナス効果なのでは?」(音楽ライター)

 期待ハズレの告知に呆れて物も言えない様子。ただ、今回の告知と同時に公式HPも更新されており、「L’Arc~en~Ciel関連の情報は、12月11日に詳しくお伝えします。もうしばらくお待ちください」との発表もある。

 果たして「チャンネル開設」を超えるビッグニュースとなるか? 今後の動向にも大きな注目が集まりそうだ。

ラルク「重大発表」が最悪すぎる……しょうもない解禁に「素人YouTube以下」との声ものページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!