木村拓哉主演のTBS系日曜劇場「グランメゾン東京」で、準主役を務める女優の鈴木京香に注目が集まっている。

 鈴木が演じるのは、木村とともに東京で三ツ星レストランを作り上げようとする女性シェフ、早見倫子。鈴木の迫真の演技や、木村との麗しい2ショットシーンが話題に上がっており、先月24日に放送された第6話も平均視聴率11.8%と、高視聴率をキープして好調のようだ。

 木村と鈴木は、12年前にも同じくTBS系日曜劇場「華麗なる一族」で共演している。当時鈴木が演じていたのは、木村演じる主人公が憎む“父親の愛人”という少々気まずい役柄であった。しかし今回は真逆の“同じ夢を追いかける同志”なだけに、ロケ中も、出演作の思い出話やお互いが飼っている犬の話にも花を咲かせるなど、仲睦まじい様子を見せているようだ。木村も、年上の鈴木のことを“きよか姉さん”と呼び慕っており、演技も含めた相性の良さから「キムタク御用達女優になるのでは」と噂されている。

 また、今年51歳となる鈴木の美貌に、ネットでは感嘆の声が上がっている。「鈴木京香さん綺麗すぎない!?」「私もこんなアラフィフになりたい…綺麗で可愛くてとっても憧れます」「年々美しさを増している」と、彼女の美しさを褒め称える声が続出。数々の化粧品ブランドのイメージキャラクターを務めていただけあって、一際輝く美貌は視聴者を魅了した。

 演技力、美貌で本ドラマに大貢献している鈴木。ドラマ視聴率は右肩上がりが濃厚で、最終回視聴率は世間の注目を集めること間違いなしだろう。そして鈴木自身も、貢献度を業界内に知らしめたからこそ、今後の話題作への起用も当確といったところか。

 2020年の鈴木京香からも目が離せない。

鈴木京香「キムタク御用達女優へ」洗練された“演技力・美貌”は日曜ドラマにドンピシャ!高視聴率キープに貢献のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!