29日、女優・真木よう子が2020年2月22日放送のドラマ「ファーストラヴ(NHK BSプレミアム)」の主演を務めることがわかった。

 いまや“ドラマのNHK”と呼ばれるほど良作を連発しているNHKの、新たな年を飾る話題作に抜擢された真木。女優としてさらなる飛躍の年になりそうだ。

 同作は昨年7月に第159回直木賞に輝いた作家・島本理生氏の同名小説をドラマ化。真木は公認心理師である主人公・由紀を演じ、カウンセリングからキーパーソンの家族に起きた現象、そして心の闇をひもとき“衝撃の事件”の真相に迫っていく。真木のほか、父親を殺した女子大生の環菜を女優・上白石萌歌が演じ、平岡祐太、黒木瞳といった実力派がキャストに名を連ねる。

 主演を務めることになった真木は「この作品をお引き受けしたのは、とても漠然としたもので、何か、この主人公、由紀になってみたい思いが強かったからです。それが何なのかは、撮影が始まってから答えが出ると思います」と意気込む。重厚な社会派ドラマなだけに、凜とした佇まいから役柄のさまざまな心情を醸し出す真木にとっては適役なのだろう。

 2014年に日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞をW受賞するなど、日本屈指の名優として活躍してきた真木。事務所移籍騒動など、本業以外の部分がクローズアップされる時期を経て、一層人間として深みが出てきた印象がある。それと比例するかのように、最近では次々と話題作に出演。2019年だけでも「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~(テレビ東京)」、「ボイス 110緊急指令室(日本テレビ系)」、「八つ墓村(NHKBSプレミアム)」に出演し、善悪さまざまな役柄を演じきり、業界評価も上向きだ。

 勢いそのままに2020年も大活躍しそうな真木。どのような話題作で演技力を発揮してきくのか注目したい。

真木よう子「完全復活」NHK新作ドラマの主演抜擢!アカデミー女優は伊達じゃない、朝ドラも近い?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!