28日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において『NHK紅白歌合戦』への2年連続の出場へ期待を寄せた。

 岡村は出演する『チコちゃんに叱られる』の宣伝を兼ねて昨年度の紅白に出場した。出番が終わったあとも、楽屋裏を散策していたが、途中から岡村の使っていた楽屋がサプライズゲストであるユーミンこと松任谷由実の部屋として使われると知り驚いたようだ。

 紅白には毎年、特別枠がある。岡村は第70回大会ということで、今年70歳の矢沢永吉の出場があるのではないかと予測した。確かに近年の「紅白」は視聴率の維持のために、さまざまなサプライズが用意されている。昨年度のユーミンクラスの人材となると矢沢の衆生可能性もありそうだ。岡村としても、そうした奇跡の瞬間を生で目撃したい思いもあるのだろう。

 今年は親交のあるKing Gnuや、秋の番組イベント『岡村隆史のANN歌謡祭in横浜アリーナ 2019』で共演した五木ひろしが出演するなど、知り合いのメンバーが多いので「こんだけ仲間が出ているんやったら」と自分も呼んで欲しいと希望した。「King Gnuさんにも導線教えているし」と個人的に「紅白」に貢献しているとアピールした。五木ひろしに関しても「言うても僕、半分五木プロモーションやから。なんなら、五木先生におしぼり渡したりのお手伝いでも」と、五木ひろし枠での出場を求めた。

 さらに、岡村は来年度放送の大河ドラマ『麒麟がくる』に出演している。沢尻エリカ容疑者の逮捕を受けて放送開始の順延が発表されているが、放送は決定している。

 そのため何かしらの番宣からみで出場する機会もあるのではないかと岡村は考えているようだが、「いまのところなんのオファーもない」状態のようだが、本人としてはスケジュールを開けているとアピールしていた。(文=相川ナロウ)

ナイナイ岡村、2年連続紅白出場を熱望のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!