お笑いタレントの南原清隆が28日、体調不良のため自身がMCを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を欠席したことがわかったが、それによりネット上では「ナンチャン不要説」が浮上している。

 番組オープニングで滝菜月アナウンサーは「昨日までとても元気だった南原さんですが、今日は体調不良でお休み……」と説明。共演者の多くが南原の欠席をイジり、最後に「元気になって戻ってくると思います。待っています」と南原をエールに送った。

 しかし、視聴者からは「いないことに気付かなかった」「いなくても成立してる……」との声が続出している。

「メインMCにもかかわらず、南原さんの存在感は相当薄かったようで、南原さん抜きで番組が成立することを指摘する視聴者も。

確かに全盛期の時と比べて相方の内村光良さんよりも目立った活躍はない印象ですよね。不定期のレギュラー番組を除ければ、『ヒルナンデス!』と『GET SPORTS』(テレビ朝日系)の二つしかありません。

その中で特に帯番組の『ヒルナンデス!』は南原さんとって生命線ともいえる大事な番組ですからね。にもかかわらず、自分がいなくても存在するなんて言われては、さすがに本人もショックだと思いますよ」(芸能ライター)

 番組では、穏やかでスムーズに番組を進行する南原。その当たり障りのない進行ぶりが「不要」と囁かれる原因となってしまったか。

 ただ、逆にいえば、出演者や視聴者を不愉快にさせないスタイルは番組にとってリスクが少ない。もっといえば、客観的な姿勢が求められるMCだけに、いまの南原の流儀はベストマッチともいえる。

『ヒルナンデス!』ナンチャン欠席で“不要論”が浮上! 「いなくても成立する」罵詈雑言の嵐でもそれが強み?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!