嵐松本潤ベスア「二宮和也超シカト」全国放送で不仲決定的シーンの画像1 11月27日放送の『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)に嵐が登場。

 メンバー・二宮和也の結婚後、初の生放送ということで注目を集めたが、そこで見えた二宮と松本潤との距離感にファンから心配の声が上がっている。

 ファンが特に注目したのは「ジャニーズ青春ドラマメドレーPART1」にて、嵐がV6の『Feel your breeze』を歌ったときのこと。右から相葉雅紀、櫻井翔、松本、二宮、大野智という並びだったのだが、相葉が櫻井の肩に、櫻井が松本の肩に、二宮が大野の肩に手を回している場面で、松本だけ二宮の肩に手を回さないという行動を取ったのだ。

 もう1つが、11月28日に放送された『ZIP!』(同)での『ベストアーティスト2019』の舞台裏についての放送。番組では二宮が「パフォーマンスを終えていかがですか?」という質問を受け、「ホッとしてます。ジャニーズメドレーも初披露の曲もあったので気の抜けない感じでしたけど終わってホッとした」とにこやかに話していたのだが、二宮が話している間、松本は二宮と逆方向を向いたり、無表情で手を組むなど無関心ともいえる態度をとっていたのだった。

 こういったことに対し、ネットでは「ほんとさ不仲説出てるの松潤分かってるよね?普通みんな肩組んでたら普通組むよね?皆信じたくないのは分かるけど、多分不仲は有り得るよ。あんな末ズ見たことない」「末ズ不仲なんて信じたくないけど、ニノちゃんが喋ってる時の潤くんの態度明らかに悪いよね」「ZIPの時二宮が話してる時松潤だけは違う方見て納得言ってない雰囲気だったし、ベスアでも肩組み松潤だけしてなかったしほんと何」「今日のベスア生放送見て確信しました。完全に松潤は距離置いてます 2人の距離感おかしい、よそよそしい、肩組まない……。前の松潤ならあそこは肩組んでたはずなんよなぁ」「大阪も札幌も行けてないから今まではレポを見て感じ取るしかなかったけどいざベスアでの末ズを見ると不自然過ぎて泣ける。本当だったんだ」といった嘆きの声が続出していた。

 2人の不仲の噂といえば、二宮の結婚が発表された直後に行われた11月14日の嵐のコンサートツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』の札幌初日公演にて、参加したファンから「二宮と松本の絡みが少なかった」という声が続出。また『Everything』という、通常なら二宮と松本が肩に手を回し合い、顔を見たり頭を傾けるという仲の良い仕草を見せる曲を歌う際も、松本が二宮の肩に手を回すだけで他の行為は一切無かったとして、松本が二宮に対して距離を取っているように見えたとファンから2人の仲を懸念する声が出ていた。

「松本さんといえば、長年交際している井上真央さんとの結婚を事務所に頼んでいたのにもかかわらず、二宮さんに先を超される形となってしまったと一部のメディアに報じられていましたので、怒りの理由も納得できるというもの。コンサートのみならず、全国放送のテレビでも肩を組まないという行動を取った松本さんの怒りは相当深いのかもしれませんね」(芸能事務所勤務)

 活動休止まであと1年、仲の良い姿を見せてほしいものだが……。

嵐松本潤「二宮和也超シカト」全国放送で不仲決定的シーンにファン絶望のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!