SixTONESツアー「ファン暴力行為」連発の地獄絵図……ジャニーズライブ続々中止も?の画像1 11月26日に宮城県の仙台サンプラザホールにて行われたSixTONESの全国ツアー「Rough“xxxxxx”(ラフストーンズ)」。このコンサートにて一部の観客が悪質なマナー違反をし、メンバーに迷惑をかけたとしてファンの間で物議を醸している。

 実際にコンサートに行ったというファンのレポートをまとめると、ファンサービスをもらえなかったことに腹を立てたファンが田中樹を突き飛ばすという行為を行ったり、京本大我が歌っている際に、その声が聞こえなくなるくらい叫んだり、松村北斗がMCしている時に妨害行為をし、それに怒った松村がMCをボイコットする、ということがあったという。

「Twitterなどのレポートを読むとかなりの目撃談があるので、一部のファンのマナーが相当悪かったのは間違い無さそう。このファンマナーが改善されないようなら、Hey!Say!JUMPのように、ツアー自体が無くなるということもあり得ますよ」と語るのはジャニーズ事務所関係者。

 Hey! Say! JUMPといえば今年5月19日、一部の熱狂的なファンによる迷惑行為が中止の理由だとして、デビュー以来続けてきたアリーナツアーの中止を発表したのは記憶に新しいところ。

 しかし、マナーの悪さを指摘されているのはHey!Say!JUMPやSixTONESだけではない。

 今年6月2日に行われたKis-My-Ft2の埼玉のメットライフドームでの公演では、メンバーがコンサート中に通算24枚目となるニュー・シングル『HANDS UP』を7月10日に発売することを告知したが、Twitter上ではコンサート終了前の時間から新曲が発売されることをつぶやくマナー違反のファンが続出する事態となっている。

「キスマイの場合は、メンバーのパフォーマンスに直接迷惑をかけているわけでは無いのでまだマシ。今年5月25日、26日に山口県萩で行われた関ジャニ∞・村上信五が主宰する舞台『もしも塾』では、出演したHey!
Say! JUMPの有岡大貴に対し、大声で有岡にコールしたり絡んだりといったファンによる迷惑行為が目撃されています」(同上)

 かなりのグループのメンバーが被害に遭っているファンからの迷惑行為。このままだと、一部のファンのせいでコンサート自体が無くなったり、ルールが変わってきてしまう可能性が高そうだが……。

SixTONESツアー「ファン暴力行為」連発の地獄絵図……ジャニーズライブ続々中止も?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!