先日、麻薬取締法違反(所持)で逮捕された、女優の沢尻エリカ容疑者。

 一部報道では「18歳の頃から薬物に手を染めていた」と報じられるなど、次々と衝撃的な情報が流れているが、たしかに多方面で沢尻の薬物中毒は有名だったようだ。

 しかし、たしかに20歳前後の時点で、沢尻は思わぬ行動に出るタイプではあったようだ。

「2013年の『A-Studio』(TBS系)に沢尻が出演した際、当時スターダストでマネジャーを務めていた川上氏が、20歳の沢尻との戦いを暴露。

沢尻は当時鬼のように仕事を入れられ『パンク状態』だったようです。いわゆる『環八沿い』に住んでいた沢尻は、仕事がイヤで『環八を横切って逃げた』と暴露されています。そしてそれを川上氏が追いかけ、沢尻はタクシーに飛び乗って『早く逃げて!』という状況もあったとか……。

全速力で環八を沢尻が横切る……なんとも凄まじい光景ではありますが、それだけ仕事に追い詰められていた証明ともいえそうです」(記者)

 本来なら「武勇伝」「笑い話」で済む話だが、逮捕されてしまった今ではそれも「異常行動」だ。失ったものは本当に大きい。

沢尻エリカ「環八(足で)爆走」伝説……「早く逃げて!」笑い話にもならずのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!