滝沢秀明「超ゴリ押し」露骨!ストスノ「大型音楽番組」デビューに異論も多数!?の画像1 来年1月22日に1枚のシングルに2グループのデビュー曲を収録する“両A面デビューシングル”をリリースすることが発表されたジャニーズJr.のユニット、SixTONESとSnow
Man。

 この2グループが11月27日に4時間ものあいだ生放送される音楽特番『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)にて、各々のデビュー曲をテレビ初披露することが決定し、話題を呼んでいる。

 うちSixTONESのデビュー曲は、X JAPANのYOSHIKIが楽曲提供したことが11月22日に明らかにされたが、いまだその他の詳細は明かされていないため、この放送で様々なことが分かるとしてファンの間で注目されている。

 SixTONESとSnow Manといえば、ともに滝沢秀明副社長がプロデュースしているグループ。またSnow Manはデビュー前ながら、今年7月13日に放送された『音楽の日』(TBS系)にも出演。腹筋を鍛える体勢として床に寝転び上半身を起こしながら、床にななめに置かれた太鼓を叩くというパフォーマンスである「腹筋太鼓」を、同じくジャニーズJr.のユニットであるHiHi Jetsと共に披露している。

 デビュー前から大型音楽番組でデビュー曲を披露するという2グループの破格の扱いに、ジャニーズ事務所、そして滝沢副社長の並々ならぬ力の入れようを感じるが、そのことについて拒否反応を示すファンの声も。

 ネットでは「本当に好待遇が謎すぎる。デビュー曲をこんなに前にテレビ、しかも大型音楽番組で披露っておかしいでしょ」「結果も何も残してないのにYOSHIKIに楽曲提供してもらってデビュー曲を地上波生披露、視聴者置いてきぼりで事務所のパワーゲーム見せられてるんだよなー」「タッキーは、キンプリやジュリーさん側のデビュー組に負けたくないのかな?」「ヨシキに曲作ってもらってその上デビュー前にテレビで披露ってどんだけ恵まれてるの」「デビュー2ヶ月前にデビュー曲披露って事務所は何をそんなに焦ってるの?」などといった声が上がっていた。

「音楽特番などへのジャニーズのジャニーズJr.プッシュはすごいものがあり、大晦日の『第70回NHK紅白歌合戦』にもジャニー喜多川氏の追悼企画として腹筋太鼓がねじこまれるなんて噂があるほど。でもあまりにゴリ押しがすぎると、世間から呆れられてしまいますからね。滝沢さんもそのへんのさじ加減を間違えないようにしたほうがいいのでは」(芸能事務所勤務)

 滝沢副社長の剛腕のおかげで(?)、デビュー前から破格の扱いのSixTONESとSnow Manだが、これが吉と出るか凶と出るのか? 注目したいところだ。

滝沢秀明「超ゴリ押し」露骨!ストスノ「大型音楽番組」デビューに異論も多数!?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!