2019年さまざまな分野で活躍し輝いた女性を選出する「VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR」の授賞式が、20日、東京・六本木で行われた。受賞者として、女優の黒柳徹子や綾瀬はるか、タレントの指原莉乃、歌手の松任谷由実らが登場。それぞれの個性が光る華やかなドレスに身を包み、受賞の喜びを語った。

 受賞者の多くがゴージャスなロングドレスを着用する中、指原は赤と白のラインが入ったジャケットにミニスカートを着用し、アイドルのステージ衣装を思わせるファッションで登場。同誌が今年創刊20周年を迎えたことから「VOGUEさん20年唯一の汚点にならないようにこれからも努力し自分らしく自分に自信を持って仕事をしていきたいなと思いました」と自虐を含むコメントをし、笑いを誘った。

 今年4月に「HKT48」を卒業し、12年間のアイドル生活に幕を閉じた指原。アイドル時代には選抜総選挙で1位を3度も獲得し大活躍しつつバラエティ番組にも多数出演し、知名度を上げた。彼女は卒業後も目覚ましい活躍を見せており、現在、自身がMCを務める番組含め10本近くのレギュラー番組を持ち、今や多くのメディアに引っ張りだこである。AKB系列の卒業生で最も活躍していると言っても過言ではないだろう。

 彼女の持ち味は、抜群のトーク力とコメント力である。“自虐”と“毒舌”の絶妙なバランスで、その場に誰がいようと、あっさりとトークの中心になってしまう指原。そうかと思えば聞き手に回り、トークの中心人物を邪魔しない的確なコメントで、共演者を立てることもできるのだ。今回の格式あるアワードでも、場の空気感を壊すことなく独自色際立つコメントで会場を沸かせ、その実力を見せつけている。

 先日、27歳の誕生日を迎えた指原。誕生日当日には自身のTwitterで「ルイージマンション画質いい!と思ってたら27歳になってました」と彼女らしいツイートをし、多くのファンから祝福のコメントが送られた。

 今やトップクラスのバラエティタレントとなった彼女の、今後の更なる活躍に注目していきたい。

指原莉乃「ブレない強さ」著名人勢揃いでも“独自ドレス”で注目の的!自虐コメントも秀逸、卒業後の不安なしのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!