薬物「女優2人」逮捕間近か? 1人は「30代後半の演技派大河女優」、もう1人は……

編集部

薬物「女優2人」逮捕間近か? 1人は「30代後半の演技派大河女優」、もう1人は……の画像1 沢尻エリカの薬物ジャンキーぶりが連日ニュースを騒がせるなか、20日発売の「週刊新潮」(新潮社)が警視庁の次なるターゲットについて報じている。

 記事によると、沢尻が違法薬物を摂取しているとの情報は1カ月ほど前に警視庁にもたらされていたといい、その時点で別の2人の女優の名前も挙がっていたという。

「いずれも30代後半で、1人はNHK大河ドラマに出演していた演技派で、我が強いイメージの女優。もう1人はモデル出身で“お姉さんキャラ”の女優だとか。ちなみに、19日発売の『フラッシュ』(光文社)は、沢尻と遊んでいる人気女優が次のターゲットとして浮上していると伝えており、近々、芋づる逮捕もありそう」(記者)

 これまで薬物関連で逮捕された女優といえば、酒井法子、小向美奈子、高部あい、中山史奈あたりが思い浮かぶが、その後の人生は全く別の道を選ぶパターンが多い。

「芸能事務所をクビになり、そのまま芸能界を引退するケースが多いなか、酒井は2013年には深作健太監督の単発ドラマ『黒い報告書 女と男の事件ファイルIII「誤解」』(BSジャパン ※現・BSテレ東)で主演するまでに復活。しかし、何年たっても仕事は一向に増えず、最近は日本での活動を半ば諦めた様子で中国を中心に細々と活動している。やはり、一度クスリのイメージがついてしまうと女優の本格復帰は絶望的といえそう」(同)

 一発で女優生命を奪ってしまう薬物逮捕。それでも疑われている女優が複数いるとは驚きだ。

薬物「女優2人」逮捕間近か? 1人は「30代後半の演技派大河女優」、もう1人は……のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!