沢尻エリカ代役にベッキー説!? 「プライド傷つかない」も戦国時代にいない?

編集部

ベッキー公式インスタグラムより

 女優・沢尻エリカが11月16日、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された。

「沢尻は2020年放送の NHK大河ドラマ麒麟がくる』に濃姫役で出演しており、撮影も始まっている状況でした。濃姫はドラマで重要な人物ですから、NHKは沢尻の出演をカットできず。

 今週中にも代役を見つけて。来月初めに取り直しをすると発表していますが……。『いだてん』でも災難が続いていましたが、またまた大河で災難に。呪われているのでしょうか」(テレビ局関係者)

 代役探しが急ピッチで進められる中、今度は、梅沢富美男が『情報ライブ! ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、代役について「やるという女優さんはいない」「プライドが傷つく」と発言。

 代役を務める女優へのディスともとれる余計な言葉をかまし、NHK側も踏んだり蹴ったりといった気持ちだろう。

 そんな中、代役に「“あのタレント”はどうか?」とネットが騒いでいるのだ。

沢尻エリカ代役にベッキー説!? 「プライド傷つかない」も戦国時代にいない?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!