先日、タピオカ店オーナーへの「恫喝DM騒動」で無期限の活動自粛を発表した木下優樹菜だが、19日放送の『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)で木下が同オーナーへ“口止め”を要求していたことも判明し、恫喝騒動はさらなる広がりを見せている。

 番組の独自取材によれば、メッセージは「突然のDMで失礼なことを申し上げてしまい、大変申し訳ございませんでした」と謝罪したものの、続けて「私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか」との文章を送っていたという。

「文面には『子供のためにもよくないと思います』と、もはや禁じ手とも言える内容もあったようで、それに対してネット上から『意地汚い』『卑怯すぎる』など批判が相次いでいる状況です。脅迫めいた文章を送った上で、子供を出して口止めとも受け取れる要求ですからね。もうここまでくると、救いようがないのでは?」(芸能ライター)

恫喝騒動が明るみに出た時点で「芸能界引退」が囁かれていた木下。それに加えて、今回明らかになった口止めのような要求である。ますます引退が現実味を帯び始めているわけだが……。

 その窮地を救うのはやはり、あの二人の超大御所タレントしかないだろう。

木下優樹菜「復活楽勝?」超大御所タレントの存在…… 多くの不祥事に「助け船」最後の砦になる可能性も?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!