沢尻エリカ「麻薬逮捕」で思い出す衝撃の過去…… 「別に騒動」など、お騒がせぶりを振り返る

編集部

沢尻エリカ「麻薬逮捕」で思い出す衝撃の過去…… 「別に騒動」など、お騒がせぶりを振り返るの画像1 合成麻薬・MDMAを所持した疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者。そのショックは大きく、世間から「マジかよ」「信じられない」と悲しみの声が絶えない状況だ。この逮捕を受け、出演予定だった来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の放送日が遅れる可能性もあるとの情報もある。

 早くも各方面に迷惑をかけている沢尻だが、そんなお騒がせぶりは良くも悪くもデビュー当時から。過去を振り返りながら、沢尻が世間にインパクトを与えた「ベスト3選」をご紹介しよう。

■日本中が感動!! ブレイクのキッカケにも!

 女優活動において最も注目された作品といえば、2005年に放送された初主演ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)だろう。

 沢尻演じる池内亜也が15歳という若さで運動機能が低下する「脊髄小脳変性症」を発症。養護学校や入院生活を経て、成人してから亡くなるまでの半生を描いたヒューマンドラマとなっている。

 その運命に懸命に立ち向かう亜也の姿は多くの感動と勇気を与え、2006年の「ランドール賞」「ゴールデン・アロー賞」で新人賞を獲得するなど、沢尻の演技力も高く評価された。この作品の機を沢尻は一気にブレイク。その後、数々の作品で主演を演じることになったのである。

沢尻エリカ「麻薬逮捕」で思い出す衝撃の過去…… 「別に騒動」など、お騒がせぶりを振り返るのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!