A.B.C-Z・塚田僚一「もはやアスリート」SASUKEに連続出場!天然キャラと肉体美のギャップにファンメロメロの画像1

 TBSが大晦日に放送する「SASUKE2019大晦日」に、今年もジャニーズの「A.B.C-Z」塚田僚一が出場することがわかった。

 塚田はダンスを武器としたグループであるA.B.C-Zの中でも、最もアクロバットが得意と言われるほど。近年はアイドルとしての仕事以外にも素直ながらどこかズレた人柄がお茶の間にウケたことでバラエティにも引っ張りだこ。若手芸人枠にも進出して、さらなる活躍が期待されている。

 持ち前の筋肉や身体能力を買われて2015年にジャニーズ所属アイドルとして初参戦してから、毎年「SASUKE」に参加している塚田。過去6度挑戦して2度失敗しているステージ対策のため、故・ジャニー喜多川公認でジャニーズ事務所の稽古場にステージの練習セットを作ったほどの熱の入れようだという。

 塚田は小学校時代に体操クラブに所属するなど、幼い頃から鍛え抜かれた俊敏な動きが持ち味。“全員がバク宙できる”というアクロバットな演技に長けたA.B.C-Z内でも、随一の身体能力を誇るのだという。2015年にはライブ中のパフォーマンスで30回連続のバク転を成功させたというエピソードからも、塚田の身体能力の高さがわかるだろう。

 一方で、屈託のない“いい人”キャラとしてもバラエティで人気を博している。「金髪!筋肉!塚ちゃんです!」というアイドルらしからぬ挨拶を臆さずこなし、ためらいなくボケる姿がバラエティで重宝され、フジテレビの人気バラエティ「アウト×デラックス」のレギュラーなどグループで断トツのソロでの仕事数を稼いでいる。9月に出演した森永製菓の動画CMでは、俳優・遠藤憲一とともに「アイスアクターズ」に扮し、遠藤に振り回されながら見事なシックスパックの腹筋を披露し話題となった。

 3月に岩手めんこいテレビの「復興応援プロジェクト」サポーターに就任したA.B.C-Z。“後輩の面倒見が良い”という“いい人”塚田にはもってこいのプロジェクトだろう。アスリートとして、バラエティタレントとして、マルチに活躍するアイドル・塚田の快進撃はまだまだ続くことは間違いない。その活躍をさらに期待していきたい。

A.B.C-Z・塚田僚一「もはやアスリート」SASUKEに連続出場!天然キャラと肉体美のギャップにファンメロメロのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!