の画像1

 9日、天皇陛下のご即位をお祝いする国民祭典が開かれた。

 多くの著名人、要人がこの祭典で言葉を述べ、陛下のご即位をお祝いした。テレビ各局もこの模様を報じている。

「無論、メディアとして報道したのでしょうが、Abema TVはテロップでずっと『嵐も歌でお祝い!』などと煽り、しかもそれが1時間近く続くという状態でした。

メディアの嵐だのみが如実に表れていますし、どこか白けた印象を抱く人も多かったようです。スタジオアナウンサーが出したスケジュールフリップでも、嵐登場だけ赤字でしたしね、流石に笑いました。

平成から令和になり、その式典ですからね、あまりビジネス感を出して欲しくはなかったです」(記者)

 あまりにも「嵐つなぎ」の雰囲気、視聴率狙いが透けて見えたテレビの放送。目的を見失っていると思えなくもない。

 そして嵐が歌った奉祝曲「Ray of Water」はといえば……。

「荘厳なオーケストラ音楽が続いた後、嵐が歌唱しました。いい曲でした」(同)

 嵐は無難に収めたが、テレビの必死さはやはりすごかったようだ。

嵐「天皇の前で歌唱」テレビの煽りひどすぎ!「嵐登場」から1時間引っ張りのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件カルチャーの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!