佐野史郎「全治2カ月骨折」はまだ序の口? 日テレで頻発する「大ケガ」事件をピックアップの画像1

 バラエティ番組の中には体を張った過酷なロケも存在し、その「過酷さ」から大ケガを負うタレントもいる。

 今月7日には、日本テレビが毎年恒例の年末特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!年末スペシャル(仮)』のロケ中に、俳優の佐野史郎が「腰椎骨折」の大けがを負ったと発表。全治2カ月の治療が必要だという。

 このように仕事にも大きな支障をきたす事例は多くあるが、その中でも特に目立つのが日本テレビ系のバラエティ番組で起きる大ケガだ。先の『ガキ使』をはじめ、多くタレントたちが日テレの被害者に……。そこで今回は、日テレ内で起きた大ケガをピックアップしたいと思う。

■2カ月連続で大ケガ! 『イッテQ!』スタッフに非難殺到

 日テレを代表する人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』は今年だけでも2件の事故が発生している。

 今年5月、インドでロケを行っていたお笑いコンビのANZEN漫才・みやぞんは「板をジャンプ台にして火の輪をくぐる」という危険なロケに挑み、全治2カ月の“左足首骨折”の大ケガを負った。

 また、その翌月にはフォーリンラブのバービーが宴会芸を披露する企画で、踊っている最中に左アキレス腱を断裂。完治まで3カ月ほど掛かったという。この立て続けの事故を受け、視聴率からは「安全管理しっかりしろ」「スタッフはなにやってるの」との声や、「打ち切りにすべき」と辛辣なコメントも多く寄せられた。

佐野史郎「全治2カ月骨折」はまだ序の口? 日テレで頻発する「大ケガ」事件をピックアップのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!