俳優の窪田正孝が、写真家・齋藤陽道(はるみち)とのコラボで約2年ぶりのオフィシャルカレンダーを発売することが発表された。

 パリの街並みで撮影された、上品で洗練された“大人”な窪田が12ヶ月楽しめるカレンダーのようだ。これまで学生や若手キャラクターといった、“少年らしさ”の残る役柄を演じることが多かった窪田も今年で31歳。今年9月には女優・水川あさみとの結婚も発表しており、結婚を機に大人の階段を上っていくのかもしれない。

 今回発表された窪田の新作カレンダーは、パリでロケをしたという。エッフェル塔やコンコルド広場といった観光名所から、パリの街中にあるカフェやパン屋でのオシャレなオフモード姿まで、様々な場面での窪田を切り取った一冊だ。着用する衣装も一着一着試着しながら窪田本人が選んだといい、窪田のセンスも楽しめるカレンダーのようだ。

 2006年のデビュー以降、多くのドラマ・映画に出演している窪田。その爽やかなルックスから、2017年に放送されたフジテレビ系列のドラマ「僕たちがやりました」で高校生を演じるなど、現在でも学生や若手の役どころが多い現状だ。大人らしい雰囲気や貫禄を見せることで若手役ばかりの役回りを脱却する狙いも、このカレンダーには込められているのかもしれない。

 今月1日にはオフィシャルカレンダー公式Twitterアカウントも2020年版の発売を発表し、窪田のファンから多くのリプライが届いている。「待ってました!」「絶対買います!」などの喜びの声や、「パリの街並みに馴染んだ窪田くんがとても素敵ですね!」といったカレンダーに対する感想が続出。中には「これで2020年も頑張れそうです」と、カレンダーの窪田の姿を来年の活力にしようとするファンも少なくなかった。

 窪田は、2020年にはNHKの連続テレビ小説「エール」で主人公も務めることが決まっている。昭和を代表する作曲家・古関裕而(ゆうじ)という渋さのある役を演じ、新たな境地を開くことができるか。爽やかイケメンの次なるステージを見逃せない。

窪田正孝「バージョンUP」カレンダーで“大人な一面”公開!結婚が影響?NHK朝ドラ主演に弾みのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!