1日に発売された週刊誌「FRIDAY」(講談社)のオフショット連載『乃木撮』に、アイドルグループ・乃木坂464期生の遠藤さくらが歯磨きをする姿が掲載。これを撮影した同期の掛橋沙耶香から、「乃木坂46のセンターに立って、どんどんオーラが増しています!」とのコメントが寄せられたが、ファンからも同調する声が相次いだ。

 乃木坂46メンバーがオフ時の姿を撮り合い、コメント付きで紹介する同連載。移動車の中で歯ブラシを咥えて微笑む、18歳らしい無邪気な表情を見せた遠藤だが、今年9月にリリースされた24thシングル『夜明けまで強がらなくてもいい』(N46Div.)では、初選抜&センター抜擢のプレッシャーをものともせず、堂々としたパフォーマンスで注目度が急上昇している。

「昨年11月に加入した当初から、小顔にスラリとした肢体、グループのイメージに合う清楚な雰囲気をもつことで、将来のエース候補として期待されていた遠藤。同誌の今年6月に発売された号では、1期生の白石麻衣に楽屋での姿を撮影され、『スタイル良すぎる!』と絶賛されましたが、センター効果によって最近は、各女性ファッション誌にモデルとして続々と登場し、その輝きは増すばかりと評判です」(芸能関係者)

 先月23日発売の女性ファッション誌「JJ」(光文社)では、私たちの明日を変える53と題されたインタビュー記事に登場。around20世代を代表するひとりに選ばれたことで、注目度がさらにアップした。

「この記事に登場したのは、インフルエンサーのkemioやジャニーズ所属のグループ・Snow Manなど、各分野で次世代を担う存在ばかり。その中で遠藤は、センターに抜擢された当時の苦悩を振り返りつつ、今後はグループ活動以外での舞台やモデル業などによって、『乃木坂46に貢献できる人になりたいです』と意欲を見せました。白石に対して、『どうしたら白石さんみたいにキレイになれますか?』と直球で質問したエピソードを語るなど、見かけによらず向上心が強い様子のため、この先も選抜メンバー常連としてグループを牽引する活躍が期待されます」(同)

 ちなみに美の秘訣について白石は、「たくさん笑うことだよ~」と答えてくれたとのこと。まだまだ伸びしろ十分なだけに、数多くの笑顔でファンを魅了し続けてくれるに違いない。

乃木坂46・遠藤さくら、センター経験でオーラ増す? 「明日を変える53人」に選ばれ注目度アップのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!